愛玩動物飼養管理士1級2級の違いは?難易度や合格率も紹介

愛玩動物飼養管理士 難易度 合格率
アルタイル

この記事を読むと「愛玩動物飼養管理士1級2級の違いや難易度・合格率がわかりどの試験を受けるべきか」理解できるようになります。

愛玩動物飼養管理士は年間約1万人が受講する日本最大級のペット資格

有資格者の数は、全国で約20万人にも上りペット関連の仕事やスキルに生かせることはもちろん動物に関わる仕事を開業する際に必要な「動物取扱責任者」の資格要件になっていることも特徴。

愛玩動物飼養管理士の資格には1級と2級があり、それぞれ学べる内容や難易度・合格率はもちろん、仕事に生かせる幅も違います。

では、具体的に何が違うのか気になる方も多いはず。

そこで今回は、愛玩動物飼養管理士の1級と2級の違いについて詳しく解説!難易度や合格率の違いについても紹介していますので、自分はどの級の試験を取るべきか?記事を最後まで読んで理解してくださいね!

目次

愛玩動物飼養管理士とは

愛玩動物飼養管理士とは

「動物の愛護及び管理に関する法律」の趣旨に基づき、愛玩動物(ペット)の愛護及び適正飼養管理の普及啓発活動などを行うために必要な知識・技能を、公益社団法人日本愛玩動物協会の通信教育によって体系的に修め、所定の試験に合格し、協会より認定登録された者をいいます。
動物の習性や適正な飼養管理の知識の不足から、ペットを飼いきれなくなったり、近隣とのトラブルを起こしてしまったりする事例はあとを絶ちません。

このような状況にかんがみ、本協会では動物関係法令や人と動物の関係学、動物の疾病予防、管理士の社会活動、各種動物の飼養管理、犬猫のしつけ等の知識を体系的に習得・普及する指導員を養成するため、「愛玩動物飼養管理士」認定制度を設置しています。

この制度の受講者はペットショップや動物病院にお勤めの人たちをはじめ、OLやサラリーマン、主婦、学生、ペットシッター、動物担当の公務員など多彩であり、これらの有資格者の多くは、各職場での日常業務においてはもちろん、地域でのボランティア活動などで活躍しています。

また、愛玩動物飼養管理士は、動物取扱責任者の選任要件のうち、「動物関係の資格」のひとつとして、国や多くの自治体から認められています。

引用元:愛玩動物飼養管理士公式HP

要するに、民間資格ですが、動物を適切に飼うために必要な知識・技術を持っていて、自分のためだけではなく正しい飼育方法などを指導する立場になれると認められた人のことです。

一般的にはペットショップや動物に関わる仕事をしている人が取得している資格ですが、最近ではペットを飼うためにあらかじめ必要な知識を身に付けてから飼いたいという方も増えており、個人でも資格を保有している方が非常に多い人気の資格です。

愛玩動物飼養管理士1級と2級の違いは?

愛玩動物飼養管理士1級と2級の違いは資格取得に必要な「知識量」に大きな差があります。

2級は動物を飼育するうえで欠かせない法律・獣医学・栄養学・行動学などの専門性を深め動物取扱責任者としての資格取得が可能。

一方、1級はより専門性を高めた内容を学ぶことができ、動物取扱責任者としてプロフェッショナルを目指す場合に必要となります。

他には「受講料」や愛玩動物飼養管理士として活動するための「認定料」、仕事で活用するうえでの「専門性」も異なります。

また、1級を受講するためには先に2級を取得する必要性があり、さらに専門性を深めたい場合は「上級愛玩動物飼養管理士」という資格も取得可能。

1級

受講料:34,000円

認定料:20,000円

【学習内容】

動物関係法令Ⅱ
人と動物の関係学Ⅱ
動物の行動と社会
犬と猫の栄養学
動物の疾病とその予防
動物の飼養管理と公衆衛生

2級

受講料:32,000円

認定料:8,000円

【学習内容】

愛玩動物飼養管理士
人と動物の関係学Ⅰ
動物関係法令Ⅰ
動物の飼養管理Ⅰ(総論、犬と猫の飼養管理)
動物の飼養管理Ⅱ(その他哺乳類・鳥類・爬虫類の飼養管理)
動物のしつけ

ただし、1級の資格を持っていないとできない仕事や業務は特に存在しないので動物取扱責任者を目指すのみであれば2級で十分。

自分で開業して動物と関わるシーンが多い場合にはより専門性の高い1級もしくは上級愛玩動物飼養管理士まで資格取得をしておくことでライバルと差別化できお客様の信頼に繋げることは可能ですよね。

愛玩動物飼養管理士1級と2級の合格率や難易度は?

参照元:JQOS.com

過去5年間の愛玩動物飼養管理士の合格率は平均で「1級約77.2%」「2級約80.5%」

5人受験すると4人が合格する割合なので、全体的にも難易度は高くないと言えますね。

2016年-2020年までの
受験者数と合格率
1級2級
2016年 受験者数1,482人8,403人
    合格率79.7%80.1%
2017年 受験者数1,532人8,236人
    合格率74.7%79.6%
2018年 受験者数1,542人7,901人
    合格率78.3%80.9%
2019年 受験者数1,561人6,708人
    合格率75.2%78.2%
2020年 受験者数1,542人10,355人
    合格率77.2%84.0%

ただし注意点として、自宅に送られてくるテキストに沿って学習を進めながら時折、課題提出や年2回のスクーリングに参加する必要があります。

そのため資格取得まで「最低でも6ヵ月~8か月の学習期間が必要」になります。

また申込期間も「試験日の6ヵ月~8か月前まで」になるのでグラフを参考に申込忘れが無いようにチェックしてください。

愛玩動物飼養管理士試験月申し込み期間学習期間合格率
1級2月・11月【2月試験】
6月1日~8月15日
【11月試験】
2月1日~4月15日
6ヵ月~8か月約77.2%
2級2月・11月【2月試験】
6月1日~8月15日
【11月試験】
2月1日~4月15日
6ヵ月~8か月約80.5%

2021年5月現在、次回試験は「2022年2月開催」となります。

試験受講を希望される方は、今申し込みと2021年6月頃に資料が自宅に届くため内容を確認して問題がなければ申込をすることができます。

試験間近になると混雑して資料を受け取れなかったという報告もあるので、あらかじめ「資料請求」をしておくことで申込忘れを防止できますので、まずはご自身の目でどんな試験か資料を確認してから申し込みをするかどうか判断してくださいね!

愛玩動物飼養管理士1級と2級の違いまとめ

愛玩動物飼養管理士1級と2級の違いや合格率・難易度の違いについて解説しました。

結論、愛玩動物飼養管理士1級と2級の違いは、「専門性のある知識量」と受講料や認定料などの金銭面でも違いがあります。

合格率は1級で約77.2%・2級は約80.5%あり、資格試験の中でも難易度は高くないです。

申込み期間は通常の資格試験よりも早く6ヵ月~8か月前で募集が締め切られるので「あらかじめ無料で資料請求しておく」と期日前で混雑して申込ができなかったという事態や、申込忘れを防げますよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる