シミ対策のおすすめ

シミができてしまうと老けて見える原因になります。スキンケアや紫外線、生活習慣などの原因でシミはできてしまうことも。シミの原因に対処し、透明感のある肌を目指すようにしてください。

目次

シミの原因とは

紫外線

シミができるのは紫外線の影響で増えたメラニンが肌に沈着したものになります。紫外線を受けるとメラノサイトからメラニンが多量に生成されます。メラニンはターンオーバーにより排出されるのですが、紫外線を浴び続けると多量のメラニンが生成されると排出が追い付かない状態になります。

ターンオーバー

メラニンはターンオーバーにより自然に排出されます。ターンオーバーのサイクルが乱れているとメラニンの排出が遅れます。ターンオーバーのサイクルが乱れるのは睡眠不足や栄養不足、ストレスです。

ストレスによるもの

ストレスにより発生する活性酸素はメラノサイトを刺激します。そしてメラニンの生成を促すのです。ストレスは、ホルモンバランスを崩してしまうことで結果的にメラニンの生成を促すなどシミの大きな原因となってしまいます。

色素沈着

肌は虫に刺されると炎症が起こり、メラニンが生成されます。炎症が強くなることで多量のメラニンが生成され炎症が治ったあとに肌に沈着します。

スキンケアによるおすすめのシミ対策

スキンケアは正しくする

肌に合わない化粧品を使用していると刺激や摩擦によりメラニンの生成が活発になります。

クレンジングをするときにも肌を強くこすってしまったり、刺激の強い保湿化粧品を使用したりするとシミはできやすくなるのです。洗顔をしてから保湿をしないと、肌が乾燥し、バリア機能が下がってしまいます。その結果、メラニンの生成が活発となります。肌に合うクレンジングを選ぶことが大切です。洗顔料を泡立ててやさしく洗いましょう。

保湿ケアでは化粧水、美容液、乳液、クリームを順番で使うようにします。

化粧水で水分を補給し、乳液で水分と油分の両方を補給します。乾燥しがちなところにクリームを重ねます。

紫外線から肌を守る

紫外線から肌を守るためにはUVケアを徹底することが大切です。日焼け止めだけに頼らず、日傘、サングラスなどのUVカット機能があるもので対策しましょう。日焼け止めはSPFとPAの値を確認して行動に合ったものを選びます。

美白有効成分が配合されたもの

スキンケアではメラニンの還元を促したり、メラニンの生成を抑えたりする美白美容成分配合のものを使うことが大事になります。

ビタミンC誘導体

ビタミンCの吸収性や安全性の問題を改善した成分で肌に浸透するとビタミンCとして働きます。メラニンの還元を促すほか、シミを薄くしていく働きがあります。

アルブチン

チロシンとチロシナーゼの配合を防ぐことでメラニンの生成を抑える成分。

カモミラET

メラノサイトの活性化や増殖を抑えることで、結果的にメラニンの生成を抑える成分です。

トラネキサム酸

メラノサイトの活性化を迎えることでメラニンの生成を抑える成分。医療においては炎症を抑え、出血を止めたりする薬にも使われています。

プラセンタエキス

動物の胎盤由来のエキスでメラニンの生成を抑える働きがあります。

コウジ酸

コウジ酸は、日本酒などにも含まれています。メラニンの生成に必要なチロシナーゼの働を阻害する働きがあるのです。

食生活によるシミ対策

たんぱく質

たんぱく質は肌を作る材料になるため摂取するようにしてください。主に、玉子、豆腐、魚や赤身の肉に含まれます。

亜鉛

亜鉛はアーモンドや牡蠣、牛肩ロース、玉子などに多く含まれています。たんぱく質の合成や遺伝子の発現などに関わりのある成分になります。

ターンオーバーを整えるために意識して摂取しましょう。

ビタミンA

ビタミンAは、肌のターンオーバーを促すことによりメラニンの排出を高める成分になります。主にうなぎ、鶏レバー、ニンジン、ホウレンソウ、ニラ、小松菜などに含まれます。

ビタミンE

ビタミンEは、血行を促し、肌のターンオーバーをサポートしたり、抗酸化作用で活性酸素を抑えたりする成分になっています。主にアーモンドやアボカドやうなぎや鮭に含まれています。

ビタミンC

ビタミンCは。レモン、いちご、パプリカ、ミニトマトなどに多く含まれます。メラニンの肌への沈着を抑えたり、メラニンの還元を促したりする成分になります。

シミに効果的なクリームとは

シミにはセルフケアで予防できるシミと予防できないシミの2種類があります。自身のシミがセルフケアで効果を実感できるものなのかチェックしてみるようにしてください。

シミの種類

老人性色素班

このシミの原因は、紫外線、ストレス、ターンオーバーの乱れなどです。色は薄い茶色で境界線がはっきりしています。セルフケア効果があります。

肝斑

肝斑の原因は、女性ホルモンによるものと、紫外線になります。楕円や逆三角形のようなモヤモヤした境が左右対称にできます。

炎症性色素沈着

このシミの原因は、ニキビ、ヤケド、虫刺されなどの炎症によるものです。薄茶色で境界線がはっきりしなくて顔以外にもできます。

そばかす

そばかすの原因は遺伝によるものや紫外線での悪化になります。様々な形が左右両方にできてぼやけています。セルフケアは難しいです。

脂漏性角化症

原因は紫外線になります。丸いものや楕円形のイボで盛り上がっていたり、隆起したりしています。セルフケア効果はありません。

花弁状色素班

原因は紫外線で主に日焼けです。肩から背中に花びらや金平糖のようにギザギザした形で現れる茶褐色のシミです。セルフケア効果はないです。

シミ予防クリームの選び方について

美白成分で選ぶ

シミの予防をするクリームを選ぶときには、美白有効成分が配合されているものにしましょう

シミを目立たなくする成分

ビタミンC誘導体、ハイドロキノン

シミを予防する成分

トラネキサム酸、コウジ酸、4MSK、アルブチン

続けられやすいものを選ぶ

シミを予防するためのクリームは、長く使って効果を実感していきます。購入価格、香り、使いやすさで続けられるかチェックしましょう。

シミを予防できるおすすめのクリームとは

ポーラ ホワイトショットSXS

価格  13200円

特徴

ポーラ独自美白成分ルシノールEX、シミが濃くなる「過脂化」抑制成分を開発、無香料無着色で敏感肌も安心、1本3ヶ月分でコスパもよい。

成分について

抑制成分として独自成分「m-シューター」と「クリアノール」を開発、配合しています。さらに美白成分ルシノールEXや、ビタミンC誘導体を配合しています。どちらも国から許可を受けている美白成分で人体への影響も少ないです。

ビーグレン Qu Some ホワイト2.0 速攻型ハイドロキノンクリーム

価格  6600円(トライアル 1100円)

特徴

ハイドロキノン2%配合、浸透力が高い、過去のUVダメージにもアプローチ、紫外線以外からも肌を保護。

成分について

ビーグレンが販売するQu Someホワイト2.0は、ハイドロキノンを配合していることで過去から蓄積したUVダメージにもアプローチしてくれるシミ予防クリームです。

ハイドロキノンは2%配合されていますが、フロク時の浸透技術を採用しているので成分を必要な箇所に届けます。人体への影響も少ないため、ハイドロキノンを初めて使う人はもちろん、他のハイドロキノンでは続かなかったという人にもおすすめになります。

おすすめ肌質は全タイプでOKになっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは。タツキです。

このサイトではトレンドネタや美容・健康など個人的に好きな話題について記事を書いています。

ゆる~くやっていますので、気軽に記事を見て、楽しんでいただければと思います。

コメント

コメントする

目次