MENU

有岡大貴舞台ナゾドキシアターアシタを忘れないで一般応募いつ?申し込み方法や値段も紹介

アルタイル

この記事を読むと「有岡大貴舞台ナゾドキシアターアシタを忘れないで一般応募いつ?申し込み方法や値段」が理解できます。

Hey!Say!JUMPで大活躍の有岡大貴が企画・プロデュース・初単独主演する舞台『ナゾトキシアター「アシタを忘れないで」』

演劇と謎解きを掛け合わせた、新感覚の舞台が、今年の夏上演されます!

謎解きクリエイターとして、松丸亮吾が参加しているとのことなので、かなりクオリティの高い謎が期待できますね。

ジャニーズJr.の羽村仁成、佐野岳、福田転球も出演とのことで、見逃せない舞台になりそうです。

そうなると気になるのはチケットはまだ手に入れることができるのかどうかですよね?

通常、舞台は一般応募での販売があり、Hey!Say!JUMPのファンクラブ会員でなくてもチケットを取ることができますが申し込み方法や値段は舞台によって異なります。

有岡大貴主演舞台『ナゾトキシアター「アシタを忘れないで」』のチケットの一般応募はいつ?申し込み方法と値段は?

そんな疑問を調査しました!

おすすめ情報

有岡大貴主演舞台『ナゾトキシアター「アシタを忘れないで」』

どうしても行きたい方はチケットフリマアプリチケジャムをインストールしておくことをおすすめします!

その理由は「本人都合で売りに出る」可能性があるから。

転売目的ではなく、行く予定だったのにどうしても行けなくなった…それなら代わりに誰かに楽しんでもらいたい…という方が多いんです。

登録は1分もかからずに無料で出来るのでまずは公式サイトをチェックしてみてくださいね!

\欲しいチケットをリクエスト可能/

チケジャム無料インストール

△登録に個人情報入力は不要△

(スポンサーリンク)

目次

有岡大貴舞台ナゾドキシアターアシタを忘れないで一般応募いつ?

東京公演・大阪公演共に、6月上旬にチケットの一般応募での販売を予定しておりましたが、4月23日からの緊急事態宣言を受けチケットに一般販売を中止しておりました。

しかし、緊急事態宣言が終了したため、チケットの一般販売を開始しています。

一般チケット申し込み方法

ナゾトキシアター「アシタを忘れないで」のチケットの一般販売は東京公演・大阪公演ともに2021年6月26日(土)10:00~チケットぴあにて受付をしていました。

ジャニーズの舞台のチケットの一般販売は電話が多いのですが、今回のチケットの取り方はインターネットのみだったようで、困惑したファンも多かったようです。

舞台ごとに、チケットの取り方が異なるので、毎回チェックが必要ですね。

電話もネットも繋がったら勝ちです。繋がるまで何度も挑戦することがチケットを勝ち取るコツです。

そして現在チケットの一般販売は東京公演・大阪公演ともに予定枚数終了しています。

完売ならもう行けないじゃん!と思ったそこのアナタ!諦めないでください!!

東京公演の一般販売のチケットが復活していることがあるようです。

確実ではありませんが、定期的にチケットぴあのサイトを覗いてみる価値はありそうですね。

一般チケット値段

ナゾトキシアター「アシタを忘れないで」のチケットの値段は東京公演と大阪公演で少し異なります。

ポイント

東京公演【東京グローブ座】

S席:9000円 A席:8000円 B席:6000円

大阪公演【梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ】

全席指定:9000円

そして両公演ともに見切れ席というものが存在します。

舞台が一部~半分ほど見えない席なのだとか。

見切れ席も同じ値段なので、出来れば見切れ席でないところのチケットを取りたいところですね。

有岡大貴舞台ナゾドキシアターアシタを忘れないで日程

ナゾトキシアター「アシタを忘れないで」は東京と大阪公演があります。

ポイント

【東京】

東京グローブ座 2021年7月12日(月)~8月8日(日・祝)

【大阪】

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ 2021年8月11日(水)~15(日)

東京30公演、大阪7公演の計37公演です。

まとめ

有岡大貴主舞台『ナゾトキシアター「アシタを忘れないで」』のチケット一般応募での販売はいつ?申し込み方法と値段は?という疑問について調査してみました!

一般応募での販売は既に終了しているようでしたが、見切れ席など復活していることもあるので、今からでもチケットが取れる可能性はあります!

根気よくチケットぴあのサイトにアクセスすることが重要ですね。

以上「有岡大貴主演舞台『ナゾドキシアター「アシタを忘れないで」』の一般応募はいつ?申し込み方法と値段も紹介」でした。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる