子犬の甘噛みしつけいつから?期間や直し方を紹介

子犬の甘噛みしつけいつから?期間や直し方を紹介
アルタイル

この記事を読むと「子犬甘噛みのしつけはいつからするのか?期間や直し方まで詳しく理解」することができます。

初めて犬を飼う方で不安なのが「しつけ」ではないでしょうか。

飼うきっかけは様々でも、いざ犬を飼うとなるときちんとしたしつけができないと自分だけではなく、相手にも迷惑をかけてしまうことも多々あります。

さらにはしつけができていないと、可愛い愛犬と一緒に旅行に出かけたり、犬友達を作り!ということもできなくなる可能性も…

しつけは全て大切ですが、特に「甘噛み」はそのままにしておくと成犬になっても癖になって遊んだ勢いでガブっと噛んでしまうことだってあるんです。

そこで今回は、子犬のうちに必ず覚えさせておきたい「甘噛みのしつけはいつからすればいいのか」を期間や直し方と一緒に紹介!

成犬になっても噛まないお利口なわんちゃんにしつけたい!という方は最後まで記事をチェックしてくださいね。

目次

子犬の甘噛みしつけいつから?

結論から言うと、子犬の甘噛みのしつけは生後2か月~3か月から始めるのがベストです。

自宅に来たときの月齢がすでに3か月を超えていた場合は、その日からしつけを教えます。

なぜ、生後2か月から始めた方がいいのか理由は以下のとおり

子犬甘噛みしつけ時期の理由

・社会化期が終わり物覚えがよくなる時期だから

・成犬になるとしつけをかなり覚えづらくなるから

・犬は人間の4倍早く成長するから

それぞれ解説していきます。

社会化期が終わり物覚えがよくなる時期だから

犬は生後3か月までは社会化期といって、人や他の犬など様々なものに慣れていく期間になります。

人間の赤ちゃん同様に色々なものに興味を示してすぐにしつけを覚えることができます。

そのため、甘噛みのしつけを覚えさせるには早いに越したことはありません。

成犬になるとしつけをかなり覚えづらくなるから

子犬の方がしつけが覚えやすいという言葉を裏返すと「成犬になるとしつけを覚えづらい」ということです。

ある程度知識が身に付くと、自分にとってメリットのないことをわざわざ覚えようとはしませんし、わがままになって言うことを聞かないことも多々あります。

そんな状況の中でしつけをしても覚えてくれないのは目に見えていますよね…

犬は人間の4倍早く成長するから

子犬といっても成長は早く人間の4倍早く成長します。

生後2か月といっても人間でいう8か月になるので、甘噛みのしつけは十分理解できる年齢となります。

子犬の甘噛みしつけ期間はどのくらい?

子犬の甘噛みしつけ期間は生後2か月~1歳までに覚えさせることが大切です。

できることなら早めに優先して覚えさせることが理想。

ただ、甘嚙みするのは子犬は歯がかゆくなりやすいという理由や噛んでストレスを発散させているという理由があります。

無理にやめさせるとストレスになるため、噛んでいいものとダメなものを区別させるのがベストです。

ペットショップに売っているおもちゃでもいいですし、しつけにあまり自身が無い方なら、自宅に子犬のしつけグッズが届くサービスもあるので活用するといいですよ。

初めてなら初回半額の1,650円でお試しができるので詳しくは公式Hpを確認してくださいね。

子犬の甘噛みしつけ直し方は?

結論、すぐに治る方法はありません

しつけ全般に言えることですが根気強く愛犬と向き合ってしつけをしていくことが大切です。

ただ、成犬になるとしつけは覚えてくれないのが当たり前なので、ドッグトレーナーに預けるか、しつけ防止の商品を使うしか方法はありません。

しつけ防止商品ですと「ワンブル」という商品がレビューも良く、評判がいいので詳しくは公式サイトを確認してみてくださいね。

無駄吠え防止首輪 人気第1位 11,547個突破

【ワンブル】公式サイトはコチラ

子犬の甘噛みをしつけで注意すること

子犬甘噛みしつけで気を付けないといけないことは以下のとおり

子犬甘噛みしつけで注意すること

・上手くできたらその場でたくさん褒める

・しつけは1度にたくさん教えず1回5分以内

・指示語を家族で共通化する

・愛情を持ってしつけをする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

上手くできたらその場でたくさん褒める

せっかく上手にしつけができたのに、何も言われなかったらわんちゃんも悲しいです。

飼い主の思い通りにしつけができたら、スキンシップを増やして褒めてあげたり、ご褒美でおやつをあげたりしましょう!

アルタイル

目に見えるメリットがある方が、しつけをするときに物覚えが格段に良くなりますよ!

しつけは1度にたくさん教えず1回5分以内

2か月~3か月すると物覚えが良くなるとはいえ、1日に何個もしつけを覚えることはできません。

特に子犬のときは好奇心旺盛ですが、集中力がないので、1回5分以内を目安に子犬に負担のかからないようなしつけが大切です。

指示語を家族で共通化する

指示語とは「待て」「おすわり」など、覚えさせたいしつけと一緒に使う言葉のことです。

この言葉が家族でバラバラだと思い通りにしつけをすることはできません。

例えば、自分は「待て」で教える。しかし母は「ストップ」で教える。飼い主なら両方の意味合いがわかりますが、犬にはわかりません。

必ず同じ言葉で教えるようにしましょう!

愛情を持ってしつけをする

しつけで1番大切と言っても過言ではありません。1番大切なことは「愛犬に愛情をもってしつけをすること」

正しいしつけが身に付くと、犬友達ができたり、一緒に旅行にいったりできます。

犬は飼い主の愛情をきちんと感じ取ってくれるので対大切な家族としてストレスのない生活を心がけましょう!

まとめ

今回は子犬の甘噛みしつけいつから?期間や直し方を紹介と題してお送りしてきました。

結論は、子犬に甘噛みをさせないために生後2か月からしつけを始めるのが望ましいです。

また、成犬になる1歳までに完璧に覚えさせることによって他の犬や人に噛みつくことが格段に少なくなります。

子犬のしつけは子犬のうちにマスターさせるのが鉄則なのでご褒美を使いながら楽しくしつけをしましょう。

以上、子犬の甘噛みしつけいつから?期間や直し方を紹介でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる