【法人の資金繰り・口座開設に困ったら】GMOあおぞらネット銀行がおすすめ

タツキ

この記事では、創業したばかりの会社で口座を作るのと資金調達はどこの金融機関から始めるのがおすすめかについて解説しています

「会社に従う働き方ではなく、自分のやり方で仕事がしたい」
「自分が会社経営した方がもっと稼げる」

いろいろな想いを持って、働いている会社を辞め、独立する人は多いと思います。

しかし、せっかく会社を作ったのに、

「自分で会社を作ったけど、どこの銀行も口座を作ってくれない」
「最初は、資金に余裕がないので、資金を借入したい」

と言った悩みを抱えている社長さんは意外と多いです。

この記事では、そんな悩みを抱えた社長さんにおすすめの金融機関として【GMOあおぞらネット銀行】というネット銀行を紹介していきます。

創業したての会社の決済口座や資金調達の参考にしてもらえると嬉しいです。

目次

金融機関で口座を作るのは大変

というもの、今の金融機関は詐欺や不正といった犯罪に口座を使われないように、口座を作ることがかなり慎重になっています。

都市銀行や地方銀行といった大きい金融機関ではまず作れないと思います。

信用金庫や信用組合といった小さい金融機関であれば、作ってくれるところもあるかと思いますが、なかなか決済口座としてはメジャーではありませんし、その金融機関で口座を作る理由で相手を納得させないと信用金庫や信用組合でも口座を作るのは難しいです。

その金融機関ですでに口座を持っている取引先からの紹介などであれば、口座を作るハードルは低いですが、紹介してくれる先があるなんてのは運要素が強いです。

ネット銀行は比較的口座が作りやすい

今の時代、街中にある金融機関で法人名義の口座を作るのはけっこう難しいです。

理由としては、都市銀行や信用金庫などでは、口座の申し込みをした時に現地確認をする為に訪問をしてくるケースがあります。

事務所の雰囲気を確認して、口座を作っても大丈夫かどうか判断するわけです。

現地確認に来た担当者の印象や事務所風な雰囲気がないと、事業所としても実態がないと判断され、口座を作ってくれません。

その点、ネット銀行は口座を作るのは簡単だと言えます。

口座開設に必要な書類が整っていれば、基本的には口座を作ることができます。

GMOあおぞらネット銀行のメリット・デメリット

メリット

「GMOクリック証券」との連携が可能

GMOあおぞらネット銀行は同じグループ内に「GMOクリック証券」という証券会社があります。

同じグループ内ということもあり、連携することでいろいろなメリットを受けることができます。

例えば、GMOあおぞらネット銀行とGMOクリック証券とで連携して作る「証券コネクト口座」を使うと、その口座の預金利息は0.11%になります。

証券コネクト口座は普通預金口座のようなもので、証券の取引をする際に入出金をする為の口座になります。

振込手数料が月1回は無料

ネット銀行なので、店舗や従業員などを最小限に抑えることができますので、その分、預金利息や振込手数料で顧客に還元することができます。

預金金利は先ほど説明したとおりで、振込手数料については【無条件で月1回は無料】になります。

他の金融機関では、振込手数料を無料にするには、預金残高やカードローンを作るといった条件をクリアしなくてはならないネット銀行も多いですが、その点、GMOあおぞらネット銀行では誰でも無条件で毎月1回は振込手数料が無料になります。

また、この月1回は月初にリセットされます。

月1回以上の振込をする人は、他の振込手数料が無料の金融機関と組み合わせて利用するといいでしょう。

預金金利が高い

一般的な金融機関の普通預金の金利は「0.001%」です。

定期預金の金利ですら、「0.002%」です。

しかし、GMOあおぞらネット銀行の普通預金は証券口座も作っていれば、「0.11%」と他の金融機関の定期預金の金利と比べても高いです。

法人口座で、仮に100万円を預けていたら、利息は「100万円×0.11%-税金(15.315%分)=931円」の利息がもらえます。

100万円も預けてこれだけ?と思うかもしれませんが、他の金融機関なら10円未満ですからね。

定期預金や値動きの分からない株式に預けるより、安心安全に増やすことができますよ。

デメリット

ネットに詳しくないと使いこなせない

今の時代、ネットに詳しくないとサービスをフルに利用できません。

ネット銀行も漏れなく、その部類に入ります。

セキュリティや口座管理などはネットの知識があればとても便利ですが、ネットの知識がないとポイントをお得に貯められませんし、口座管理もよく分からなくなってしまいます。

扱っていれば、だんだん覚えてくるとは思いますが、慣れるまでに「普通の銀行の方がいいや」って思っちゃう人も少なくありません。

タツキ

実際、私の妻はネット銀行で口座を持っていません。理由は「よく分からないから」とのことでした。

提携しているATMが少ない

他のネット銀行と比べて、GMOあおぞらネット銀行は提携しているATMが少ないです。

つまり、お金を入れたり出したりしたいときに提携しているATMを探すのに手間がかかるかもしれないということです。

都心部であれば、コンビニや金融機関の数が多いので、困ることはあまりないかもしれませんが、郊外に住んでいる人や出張に行く人は、注意が必要です。

法人口座は海外送金に対応していない

GMOあおぞらネット銀行では、個人口座は海外送金ができますが、法人口座は海外送金に対応していません。

もし、取引の中で海外送金が必要な場合は、他の金融機関で新たに口座を作る必要があります。

GMOあおぞらネット銀行のビジネスローン【あんしんワイド】とは

商品概要

融資金額最大1,000万円
金利年0.9%~12.0%※審査の上、決定
使い道事業資金、運転資金、つなぎ資金など
必要書類なし
審査方法直近7ヶ月間の銀行口座の入出金の明細をもとに審査
審査期間最短2営業日
申し込み方法ネットから申し込み

この融資は「融資枠型」となっています。

一般的に金融機関から借入をする場合は、「証書貸付」方式で借入をすることがほとんどです。

「融資枠型」と「証書貸付」との違いについては、

融資枠型
証書貸付
  • 申し込みは初回のみ(年1回の更新あり)
  • 融資枠だけ設定することが可能
  • 返済日以外でも返済可能
  • 借入の都度、申込みが必要
  • 基本、毎月の返済日に引き落とし(それ以外の日に返済する場合、手数料が発生する可能性あり)

「融資枠型」であれば、一回申し込みをすれば、枠が決まるのでその範囲内であれば都度、借入申し込みをしなくても借入をすることができます。また、返済日以外の日で返済することも可能です。

「証書貸付」は毎月決まった日を引き落とし日として設定し、その日に毎月、元金と利息が引き落とされます。決めた返済日以外の日に返済することは原則不可能で、もし返済するとなると繰り上げ返済の扱いになり、繰上返済手数料が発生します。

上記の違いを考慮し、借入を検討してみてください。

メリット

担保や保証・決算書が不要

お金を借りるには、銀行へ決算書や事業計画書の提出が必要です。

また、必要に応じて担保の提供を求められるケースがあります。

GMOあおぞらネット銀行のビジネスローンではこういった書類関係は一切不要です。

銀行口座の7ヶ月間の入出金の移動から資金の流れを把握し、融資金額を審査していきます。

ですので、赤字決算や創業間もない会社でも融資を受けやすい内容となっています。

審査スピードが早い

銀行の審査では、申し込みから融資実行まで基本的には1か月はかかります。

決算書の分析や事業計画の妥当性について社内稟議で、担当者→課長→支店長と決済をもらっていかなくてはいけないからです。

GMOあおぞらネット銀行のビジネスローンでは、申し込みから融資実行まで【最短2営業日】で借入が可能です。

緊急で資金が必要な場合でもありがたいですね。

使い道が自由

銀行の融資や事業計画書を出す必要があることから、資金の使い道は限定されています。

運転資金であればあまり使い道について振り返りをすることがありませんが、設備資金で融資を受けた場合は支払ったあとに領収書が必要になります。

もし、違うことに融資を受けたお金を使ってしまったら、その融資が完済になるまで、次の融資は受けられなくなる危険性があります。

GMOあおぞらネット銀行のビジネスローンは、基本的に運転資金として融資を受けられるので、使い道は自由となっています。

24時間365日申し込み可能

ネットで申し込みができますので、24時間365日申し込みは可能です。

ただ、GMOあおぞらネット銀行の営業日に審査は行ないますので、連休前や年末年始などは休み前や休み中に申し込みをしても、実際に審査を開始するのは休み明けになりますので、注意が必要です。

デメリット

金利が高い

金利は、年率0.9%~12.0%と書いてありますが、0.9%で受けられる会社はまずいないと思っていてください。

カードローンもそうですが、よほどの信用力がある先や財務内容が優秀な会社でもない限り0.9%の金利で融資を受けることができないのが現状です。

ほとんどの会社は、3.0%~8.0%くらいの金利に落ち着くのではないでしょうか?

通帳の移動明細で融資の審査を行ないますので、動いている金額が少ないと融資の申し込みをしても、減額や金利が高くなる可能性があります。

金利は高いものと想定した上で、借入申し込みをした方がいいかもしれません。

他の金融機関からの印象は良くない

実店舗のある金融機関で融資を受けるには、

・信用保証協会
・保証会社(オリックスやセゾンなどが保証)
・プロパー

のいずれかになります。

上記の方法で借入をすれば、貸した金融機関はもちろん、他の金融機関がその会社の決算書を見ても、「実店舗のある金融機関から一般的な方法で融資を受けている」という印象を与えることができます。

決算書を見ると、借入先の内訳が載っているのですが、その中にGMOあおぞらネット銀行のような実店舗のない金融機関からの借入がある場合、金融機関の担当者は上記の方法で借入できない理由があるのではないか、と疑われてしまう可能性があります。

GMOあおぞらネット銀行のような金融機関から借入をした場合、あまり良い印象は持たれない可能性が高いです。

もちろん、使ってはいけないというわけではありませんが、もし金融機関の担当者から借入の経緯について、質問あった時は、資金の使い道の理由をちゃんと説明できるようにしておく必要があります。

申し込みは「法人」に限られている

この商品ですが、「法人向け」と書いてありますので、個人事業主が申し込みをすることができません。

【あんしんワイド】はこんな会社におすすめ

ここまで【あんしんワイド】について、メリット・デメリットを紹介してきましたが、どんな法人におすすめかと言いますと、以下のとおりです。

おすすめの会社
  • 創業したての会社
  • 決算内容が悪く、金融機関から借入ができない会社
  • 急な支払いがあり、すぐ申し込みをしても間に合わない時

上記に、該当する会社については、融資枠の設定だけでも設定しておくと、何かあった時に資金調達しやすくなるので、資金繰りが安定化すると思います。

まとめ

GMOあおぞらネット銀行のビジネスローン【あんしんワイド】について、メリット・デメリットや融資枠を設定しておいた方が良い会社の例を紹介してきました。

金融機関からの印象は良くないと言いましたが、それぞれの金融機関の考え方もありますし、一番は自社の資金繰りの安定と業績を上げることだと思います。

決算内容が良くなれば、金融機関も積極的にお金を貸してくれますので、まずは融資を受けやすいところから借りて、事業規模を大きくし、借入相談できる窓口を広げていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

タツキと言います。
2021年4月からブログ始めました。

2011年から金融機関で営業職として働いています。

自由気ままに好きなことをブログに書いています。

気軽に見に来てもらえると嬉しいです。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次