ジョインアライブ赤ちゃんでも行ける?子連れでの楽しみ方も紹介

ジョインアライブ赤ちゃんでも行ける?子連れでの楽しみ方も紹介
アルタイル

この記事を読むと「ジョインアライブ赤ちゃんでも行ける?子連れでの楽しみ方」が理解できます

残念ながら昨年は中止となったジョインアライブですが、2021年は開催されることが決まり、現在チケットの抽選予約受付中です。

例年であれば7月の開催なのですが、2021年は9月4日と5日に開催されます。

ジョインアライブ初の女性ヘッドライナーとなるあいみょん、初出場のマカロニえんぴつなど、音楽ファンには楽しみな話題が続々と発表されています。

フェスは通常のライブとは違うので、ステージにベッタリ張り付いている必要もなく、グルメやキャンプなど、音楽以外の楽しみもありますよね。

ジョインアライブは、保護者同伴であれば、中学生以下は入場無料なので、普段ライブを我慢しているパパママ世代の音楽ファンも、参加を検討してみませんか?

今回は、ジョインアライブ赤ちゃんとでも行けるのかと、子連れでの楽しみ方について紹介したいと思います!

目次

ジョインアライブ赤ちゃんでも行ける?

ジョインアライブに赤ちゃんを連れて行くことは可能です!

しかし、「赤ちゃんをライブに連れて行く」というのは賛否両論あると思いますが、一番の問題は音の大きさではないでしょうか?

また「長時間拘束されるのも可哀想…」というご意見もあるかと思いますが、ライブと違ってフェスは離れて音楽を聴くことも可能ですし、ジョインアライブはキャンプもできるので、疲れたらテントに戻ることもできれば、おむつ替えもテントでできます。

子供が嫌がる中で音楽を無理やり聴かせるのは問題ですが、子供の耳の負担にならない大きさで音が聞こえる場所で楽しむ疲れたらテントで休む、などという配慮があれば、問題ないですよ。

とはいえ、9月はまだ暑い日もあります。ずっと抱っこというのは、親子ともにしんどいですよね。

少し歩けるようになる1歳すぎくらいからなら、適度に運動もできて良いですよ。

2歳くらいだと、まだおむつをしている子も多いと思いますが、赤ちゃんは卒業という年齢ですよね。

音楽に乗って体を揺らしたり、親の好きな音楽に反応したりできると思いますよ。

ジョインアライブ子連れでの楽しみ方

子連れジョインアライブの楽しみ方をご紹介します。

会場内は見どころがいっぱい

・40基以上のアトラクションが楽しめる遊園地

・バラ園や室内公園「色彩館」

・トリムコース

・ふれあい広場

・キャンプサイトで家族キャンプ

ついつい音楽よりも、子供が喜ぶ公園に目が向いてしまうかもしれませんね。

40基以上のアトラクションが楽しめる遊園地

会場となる「いわみざわ公園」には、「グリーンランド」という遊園地エリアがあり、アトラクションもたくさんあります。

その数なんと44基!しかも、ほとんどのアトラクションが雨でも問題なく楽しめます。

引用元:北海道グリーンランド

0歳から楽しめる乗り物もたくさんあるので、赤ちゃんと一緒でも問題ありません。

ジョインアライブ入場券があれば、高校生以上1,700円、3歳から中学生まで1,100円の入園料は不要なのもお得ですよね!

乗り放題料金

●高校生以上:3,300円

●3歳から中学生:1,100円

アルタイル

回数券は1枚120円、お徳用回数券は1冊30枚つづり3,100円で、アトラクションによって必要な枚数が変わります
過去には乗り物券の割引もありましたが、今年はまだアナウンスされていません

バラ園や室内公園「色彩館」

屋外のバラ園のみの利用は無料ですが、室内公園「色彩館」は有料のエリアとなります。

バラ園のバラは9月中旬からが見ごろとなるので、フェスの当日は少し早いかもしれませんが、もしかすると少し咲いている様子が見られるかもしれませんね。

室内公園「色彩館」は温室になっています。

9月は下旬からキンモクセイが咲き始めるので、つぼみが見られるかもしれません。

アルタイル

色彩館は高校生以上100円、小中学生50円、幼児無料です

トリムコース

トリムコースには、ネット遊具やターザンロープなど、子供心をくすぐる遊具がたくさんあります。

コースは「冒険の河」と「冒険の谷」の2コース。

中には大人でもバランスを取るのが難しい遊具もありますが、小さな子供でも遊べる低い遊具もありますよ。

アルタイル

トリムコースは入場無料です!

ふれあい広場

ふれあい広場では、ウサギやクジャク、ニワトリやヤギなどの小さな動物を間近で見ることができるので、子供にぴったりです。

芝生の広場もあるので、ボール遊びなども楽しめます。

アルタイル

ふれあい広場も、利用料は無料ですよ!

キャンプサイトで家族キャンプ

ジョインアライブでは、2か所のキャンプサイトがあります。

キャンプサイト入場券があれば、2か所あるキャンプサイトのどちらにも入ることができますが、テントを張る場合、OASISエリアを希望する人はOASISエリア区画証が必要となります。

泊まらなくても、日中テントを張るだけの利用もできるので、疲れたらテントに戻って夜は帰宅する、ホテルに泊まるという選択もできます。

子供といくなら、テントを張っておいて、疲れたらゆっくり休憩する、テントでゆっくりごはんを食べる、という使い方をしてみてはいかがでしょうか?

ジョインアライブ子連れに最適な理由

「パパママだって音楽を楽しみたい!」「子供にも生演奏を聴かせたい!」と思うのは自然なこと。

我慢せずに楽しめる範囲で、フェスに参加しましょう!

ジョインアライブが子連れに最適な理由は、大きく分けて3つのポイントがあります。

アクセスの良さ

快適な環境

中学生以下入場無料

アクセスの良さ

ジョインアライブの会場は、北海道岩見沢市にある「いわみざわ公園」ですが、最寄り駅のJR岩見沢駅からは、開催期間中30分おきに臨時バスが出ています。

アルタイル

電車でもアクセスがしやすいですね

もちろん車やバイクも利用可能

札幌大通りバスセンターと旭川駅前広場からはシャトルバスツアーも利用できるので、千歳空港や旭川空港からも、簡単にアクセスできます!

快適な環境

会場は広大な敷地なので、ゆったりと音楽を楽しむことができます。

ステージ前にいることに疲れたら、公園や遊園地、アスレチックで遊べるので、小さな子供もストレスを感じることなく、一日中楽しめます

舗装された道が多いので、ベビーカーでも安心して移動ができますよ。

会場内には、水洗トイレがたくさん設置されているのも、嬉しいポイントです!

中学生以下入場無料

1日当たり11,000円、2日通し券は20,000円必要な入場券ですが、中学生以下であれば、保護者1名につき1名まで入場無料!

フェスは子供が無料なこともありますが、中学生も対象なフェスはなかなかありません。とてもお得ですよ。

ジョインアライブ子連れに便利な持ち物

ジョインアライブに子供を連れて行くと「これあればよかった!」というものや便利なものがたくさんあります。

具体的に何があれば良いのか紹介します。

【ミニ扇風機】

9月とはいえまだまだ暑いので手持ちの扇風機は必須です。

【クーラーボックス】

冷たい飲み物を持って行ったり、凍らせてシャーベットにしてあげると子供も喜びますので必需品です。

【イヤーマフ】

ヘッドホン型の防音器ですね。フェスで音が爆音なので子どもの耳が心配ならあったほうがいいですね!

テントで休んでいる時とかフェスを楽しむとき以外に使うと落ち着きますよ!

まとめ

ジョインアライブ2021は例年と違い、9月に開催されます。

チケットは2次抽選が7月20日までなので「子連れで行けるかも!?」と思った人は、ぜひ申し込んでくださいね!

赤ちゃんとの参加を検討している人は、1歳過ぎくらいからなら楽しめるのではないでしょうか?

親と子では楽しみ方は違うと思いますが、どうしても外せない大好きなアーティストは音楽を聴いて、それ以外は子供に付き合って公園を満喫して、1日たっぷり楽しんでくださいね。

以上、ジョインアライブ赤ちゃんでも行ける?子連れでの楽しみ方についてでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる