LOUDオーディション第5話あらすじ&結果ネタバレ!感想や評判も紹介

LOUDオーディション第5話あらすじ&結果ネタバレ!感想や評判も紹介
アルタイル

この記事を読むと「LOUDオーディション第5話あらすじ&結果ネタバレ!感想や評判」が理解できます。

JYPとPSYがタッグを組んで始まったLOUDオーディション

とうとう第5話まで進みましたが、これまでにたくさんの歓喜と涙に溢れていましたね!

ですがそんな数々の感動もまだ始まったばかり…今後もさらに脱落者が増えるので、ドキドキを止めることはほぼ不可能!

というわけで今回は第5話となりますが、第4話に引き続き、第2ラウンドの審査も行われます。

日本人参加者は特に注目されていますが、今回は脱落の危機にあるケイジュくんにも注目したいところ。

そんな第5話もこちらで紹介したいと思います!

では、LOUDオーディションの第5話、あらすじや結果ネタバレをどうぞ!

おすすめ情報

『LOUD』日本配信がドコモ動画配信サービス「dTV」にて独占配信が決定しました!

話題のドラマ・アニマ・ライブ映像などが見れるとあって非常に人気が高く、通常は月額550円(税込)ですが、なんと今だけ1か月間無料お試しが可能!

LOUDも第1話~最新話まで全て無料で見れるので参加者たちの本当の努力や葛藤など細かいシーンまで全て見ることができます。

お得なキャンペーンはいつまで続くかわからないので、確実に無料でお試しできる今登録をしておくことをおすすめします!

目次

LOUDオーディション第5話あらすじ

第5話は、第4話に続いて第2ラウンドのグループ審査が行われます。

注目は女性に大人気のウー・ギョンジュンの登場です。

PNATIONの研修生であり、その期待値もかなりのもの。

ただでさえイケメンなのに、物凄いパフォーマンスだったどうしよう…と戸惑う女性もいるぐらいの人気なんですよね!

もちろん、他の参加者のパフォーマンスにも注目が集まっています。

参加チームは

「Firestone」のギョンジュンとデフイのチーム

「TWONS」のジョンミンとヨンゴンのチーム

上記2つのチームによってバトルが繰り広げられます!

さらにその後は第2ラウンド最終対決「自作ラップ」による対決も!

休まる時間もないままの対決なので、終始ドキドキの第5話となっています!

ギョンジュン&デフィチームのパフォーマンス

まず最初のパフォーマンスは「都市と広野の対決」と名付けられたところから開始。

「Firestone」のギョンジュンとデフイのチームから始まります。

実は2人はかなりの人見知りとのこと。

そのため、当初はあまり馴染めず、対面シーンではガッチガチになっていたのです。

しかしPSYには「チームらしくならないといけない」と注意されてしまいます。

なんとか練習を積み関係も深くなっていたのですが、JYPには「表現力がない」と評価受けてしまったのです。

最終的な点数は…

【チーム】
「Firestone」 JYP/85点 PSY/85点 計170点

【個人】
ギョンジュン JYP/85点 PSY/85点 計170点
デフイ JYP/84点 PSY/85点 計169点

となりました。

ジョンミン&ヨンゴンチームのパフォーマンス

続いては、「TWONS」のジョンミンとヨンゴンのチーム。

あまり強い印象を残すことができなかったのか、パフォーマンスは最高でしたが迫力に少し欠けていたとか…

PD達にとってはかなり期待されていた2人。

しかも、ダンスではJYPが2人に最高得点もつけていたのです。

だからこそ期待値も高かったのですが、「一番ダンスが上手な2人のはずなのにうまく踊れていなかった」との評価が…

しかし、最終的なステージでのパフォーマンスではJYPのテコ入れのおかげで大成功に!

得点は…

【チーム】
「TWONS」 JYP/87点 PSY/88点 計175点

【個人】
ジョンミン JYP/85点 PSY/84点 計169点
ヨンゴン JYP/87点 PSY/87点 計174点

という結果になりました。

脱落候補者は…

最終的に勝ったのは…
「Firestone」 JYP/85点 PSY/85点 計170点
「TWONS」 JYP/87点 PSY/88点 計175点

チーム「TWONS」が勝利

そして…個人点が低いキム・デフイが脱落候補者となってしまいました。

第2ラウンド最終はラップ対決

ついにチーム対決が終わり、続いては第2ラウンドの最終対決「自作ラップ」を披露します。

LOUDには欠かせないラップパート。

第1ラウンドオーディションでも評価のポイントになっていましたよね。

ここでもチームバトルとなり、チーム「C-Bioz」(シヒョン・ダニエル)チーム「Mid-siders」(ウンウィ・ジャスティン・ドンヒョン)で最初に戦います。

まずはチーム「C-Bioz」のラップから。

当初、JYPのチェックでは「ヒット曲っぽくない」と言われてしまいます。

しかし、その後「VVS」をリメイクしたことで大成功を収めます。

映像の撮影やサウンドメイクなどなど、1週間でなんとか仕上げた曲は高評価となりました。

ただラップに関してはまだ技術が少し追いついていないようで、最終的な評価は…

【チーム「C-Bioz」】
JYP/85点 PSY/85点 計170点

【個人】
シヒョン JYP/83点 PSY/82点 計165点
ダニエル JYP/88点 PSY/88点 計176点

となりました。

続いては、チーム「Mid-siders」のパフォーマンスです。

ラップもボーカルもできるジャスティンがいるチーム。

そのためかなり期待値も高めでした!

ちなみにウンウィも自作ラップでPD達を魅了し、さらにドンヒョンもラップが得意!

このチームのための対決のようなもの!と言ってもおかしくないぐらいですね。

チェック段階でもJYPから高評価を受けており、最終的な評価もかなり高め。

歌詞もインパクトを与えていたので、リズムだけではなく歌全体として強い印象を残しました

さらにチーム力も見せつけたことから、最終的な点数は…

【チーム「Mid-siders」】
JYP/98点 PSY/90点 計188点

【個人】
ウンウィ JYP/97点 PSY/95点 計192点
ジャスティン JYP/87点 PSY/86点 計173点
ドンヒョン JYP/88点 PSY/86点 計174点

このような結果となりました!

そして勝利したのは…

チーム「C-Bioz」JYP/85点 PSY/85点 計170点
チーム「Mid-siders」JYP/98点 PSY/90点 計188点

チーム「Mid-siders」が圧倒的な勝利!

LOUDオーディション第5話結果ネタバレ

LOUDオーディション第5話では、とうとう生き残り3名と脱落者5名が発表となりました。

一体誰が脱落するのか…

視聴者にとっても、もちろん脱落候補者達にとっても重大なことなのですが、発表はかなりあっさりめ。

話題になっていたのは日本人参加者のケイジュくんでした。

脱落してしまうのか…それともなんとか残ることができるのか…

結果は第2ラウンドの個人得点とチーム得点の合計によって決めらます。

どうなのでしょうか!

第2ラウンド生き残りメンバー3名発表

とうとう発表されました!

脱落候補者は8名いましたよね。

脱落候補者8名

・ケイジュ
・キム・デヒ
・カン・ギムク
・ホン・ヨンソン
・ソン・シヒョン
・ナ・ユンソ
・イム・ギョンムン
・エラリー・ヒョンべ

この8名のうちから、なんと生き残ったのが…

生き残ったメンバー

第1位ナ・ユンソ 372点

第2位イム・ギョンムン 367点

第3位ケイジュ 355点

でした!!

残念ですが上記3名以外の参加者は今回で脱落となってしまいます…

第3ラウンドに突入

第2ラウンドが終わり、とうとう第3ラウンドに突入!

第3ラウンドではJYPピックと呼ばれるデビューメンバーを選ばなければならないのだとか。

そして、選ぶためにはさらなるテストが必要となります。

そのテストを行う前に、分野別で3つのチームに分けられる参加者…

チーム分けのポイント

①歌とダンスができるアイドルパフォーマンスチーム

②ダンスが得意なダンスチーム

③作詞・作曲に加え企画もできる音楽創作チーム

この3つのどこかへ振り分けられるのですが、一体どこへ行くのか、どんなメンバーになるのか、徐々に不安も大きくなっていきそうですね!

第3ラウンド審査基準

第3ラウンドの審査基準は…

PSYが総合得点
JYPが個人得点

このような得点の付け方をします。

脱落人数については発表されていませんが、最高得点をもらったチームメンバーについては脱落は免除される権利が得られます。

音楽創作チーム【ゲフン&ソンジュン&ミンギュ】のステージ

【ゲフン&ソンジュン&ミンギュ】

まずはこの3人が音楽創作チームとしてパフォーマンスを行います。

作曲を担当したのはミンギュでしたが、ゲフンとソンジュンも各自分のパートを考えたのだとか。

しかしJYPのチェックでは「中途半端」と言われてしまうことに…。

与えられたプレッシャーに耐えながらもなんとか迎えた本番でしたが、PSYとJYPの反応がなく。

一体どうしたのかという状態でしたが、なんと…!

「このステージを見るためにLOUDを始めた」

「これまでのステージで最高でした」

と評価しました!

結果にはJYPももちろん納得。

3人すべての才能がバランスよく表現されていたので、最終的なチーム点数はなんと『100点』でした!

JYPの評価は3位ソンジュン・2位ミンギュ・1位がゲフンという結果になりました。

音楽創作チーム【ヒョンス&ドンヒョン&ヒョヌ】のステージ

【ヒョンス&ドンヒョン&ヒョヌ】

続いては大きなプレッシャーを抱えてのオーディションとなりました。

少しテンションも下がってしまった3人でしたが、それでも実力を発揮した3人。

作詞作曲はヒョヌが担当し、ラップはドンヒョン、ダンスをヒョンスと振り分けました。

それぞれが互いをサポートしつつ、それぞれの良いところがしっかりと出せたステージ。

PSYはチームに93点をつけ、JYPは4位ヒョンス・5位ドンヒョン・6位ヒョヌと評価しました。

音楽創作チーム【ウンフィ&ダニエル&ジャスティン&ミン】のステージ

【ウンフィ&ダニエル&ジャスティン&ミン】

続いてのチームはさらにプレッシャーのかかるステージとなってしまいました。

しかし、それぞれの個性だけではなく魅力を発揮

作曲をミンが行い、各自がそれぞれのパートを担当しつつ生まれた曲を披露。

JYPもPSYも「最高」と評価されていました。

そしてこの結果は…第6話にて放送予定!一体どんな順位となってしまうのでしょうか?!

LOUDオーディション第5話感想や評判

第5話までくると徐々にメンバーも減っていくので現実感が増してきたように感じられます。

特に、今までは自分だけで勝負ができたのに、だんだんとチーム力を求められるようになり、個々に難しさも感じているのではないでしょうか。

個人戦でなら勝てる自信を持っていた参加者も、チームワークを求められてくると、自分がどんな役割を果たせばいいか考えなくてはなりませんよね。

ですが、難しいからこそやりがいもあり、勝利に対する喜びも大きいように感じられます。

また、オーディションをこなしていくたびに、メンバー全員が成長しているなと思いました。

まだまだこれからが戦いなのかもしれませんが、今の情熱をもっと燃やしながらみんなが頑張ってほしいなと思っています。

Twitterでの反応は?

第3ラウンドも白熱した戦いで、みんなの注目度も高かったようですね!

LOUDオーディション次回はどうなる?

次回はとうとう始まった第3ラウンドの続きからとなります。

音楽創作ステージでの最終メンバーが獲得する得点によっては、順位が大きく変わってしまう可能性も!?

ダンスチームやアイドルパフォーマンスチームなどなど、まだまだ残っているところも気になりますね。

まとめ

今回は「LOUDオーディション第5話あらすじ&結果ネタバレ!感想や評判も紹介」をお送りしました。

第3ラウンドに入り、さらに戦いも激化していきますが、新たな脱落者は誰になるのかも気になりますね。

もうここまできたら1話も見逃せない状態に!

ぜひ、せっかくなので視聴してほしいところですが、もしも見逃してしまった方はこちらで第1話からあらすじ紹介しているのでチェックしてください!

それでは、「LOUDオーディション第5話あらすじ&結果ネタバレ!感想や評判も紹介」でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる