男性の日傘はあり?必要性とおすすめ商品、日傘以外の日焼け止め対策を紹介

夏に向けて、気になるのが「日焼け対策」

最近は、女性だけでなく男性のスキンケアも重要性が増しており、男性も日焼け対策が必要になってきました。

日焼け対策として、代表的なものは日焼け止めクリームですが、街中を見てみると男性が日傘を差している光景をたまに見かけることが多くなりました。

今回は、これから日傘を持とうか悩んでいる男性に向けて、「日傘の重要性」を説明していきたいと思います。

目次

日傘を差すメリット

日焼け対策

梅雨の時期から夏場にかけての紫外線は肌に猛烈なダメージを与えます。

日焼けは火傷の一種です。日焼けをするということは肌にダメージを受けている証拠です。

若いうちは、すぐに治りますが、だんだんそれがシミの原因になったりしてしまいます。

体と空気の接点である肌を傷つけてしまわないように男性でも日傘を差して、日焼け対策をする必要はあります。

暑さが和らぐ

実は、同じ気温でも日向と日陰では温度が違うことってみなさんご存知ですか?

日向と日陰では「2~3°」気温が変わると言われています。

日傘を差すことで、常に日陰にいる状態を作ることができますので、熱中症対策にもなることができます。

急な雨が降っても傘になる

最近の夏場は「ゲリラ豪雨」になることが多くなりました。

晴れていたのに、急にドワー、っと大雨が短期間のうちに降るので、傘を持っていないと晴天でもずぶ濡れになることがあります。

日傘を持っておくことで、上記の「日焼けや暑さ対策」をしつつ、急な豪雨に備えることもできます。

日傘を差すデメリット

ダサいと思われる

世の中は「日傘=女性」というイメージが強いです。

ですので、男性が日傘を差すというような文化は残念ながら、まだ根付いていません。

たまに、街中でも日傘を差している男性は見かけることが多くなりはしましたが、少数であり、まだまだ男性の日傘をいうのは浸透していません。

荷物が増える

普段、持ち歩くバッグやリュックの中に日傘を入れる必要があります。

男性は荷物が少ない方がスマートな印象を持たれるのですが、日傘は荷物としてはけっこう大きなものになってしまいます。

日傘を買わないといけない

雨が降った時に差す傘はもちろん雨用なので、日傘にはなりません。

ですので、日傘を新たに買う必要があります。

アルタイル

最近は、「晴雨兼用」の日傘も販売しています

男性が日傘を差す時の周りの印象

地球温暖化によって、気温が上がり紫外線も強くなった今となっては、男性でも日傘を差す必要はあります。

しかし、なんとなくのイメージで

男性の日傘はダサいと思っている人も多いと思います。

実際、世の中の反応として、

やはり、「日傘=女性」という印象が強いので、男性が日傘を持つというのは少しマイナスなイメージがあるのかもしれませんね。。

結論:男性日傘は必要!周りを気にしちゃダメ

世間は、まだ男性が日傘を差すということが浸透していませんが、そんなことを気にする必要はありません。

周りを気にして、日焼けや暑さ対策を怠ってしまっては最悪の場合、皮膚がんや熱中症になってしまう危険性があります。

今後の自分の身を守る為にも暑くなる前に日傘を購入しておきましょう。

男性におすすめの日傘

男性におすすめの日傘をいくつか紹介します。

女性のものとは違い、クールなイメージの日傘なので、持っていても恥ずかしくありません。

日傘以外の男性の日焼け対策

男性でも日傘をおすすめしてきましたが、

まだ日傘を差すのはなんか恥ずかしいと思う人もいるかもしれません。

そんな人は無理に日傘を差す必要はありませんが、それでも日焼け対策はばっちりしておく必要はあります。

日傘以外の日焼け対策としておすすめの日焼け対策グッズを紹介します。

日焼け止めクリーム

日焼け止めドリンク

まとめ

男性の日焼け対策を紹介してきました。

結論として、

  • 男性でも日傘は必要
  • 日傘を差したくないならせめて日焼け対策だけはしてください

日焼け対策をばっちりしてこの夏を乗り切りましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる