リコカツ北川景子の指輪のブランドどこ?価格帯や着用シーンを紹介

リコカツ 北川景子 指輪

TBS系で放送されている人気ドラマ「リコカツ」。

離婚を検討しながら生活する二人の関係性を案じる北川景子さんと瑛太さんに夢中になる人が続出しているほど現在人気上昇中のドラマ。

私も毎週楽しみに観ていますが、ドラマを観ていて北川景子さんが付けている指輪が可愛いな!と思い調べるとTwitterでも話題になっており、ブランドを気にする声が多数!

ドラマで着用するようなブランドなのでさぞかし高級ブランドでは?と思ったのですが、意外と一般人でも手の届く価格帯ということも判明!

そこで今回はドラマ「リコカツ」に出演中の女優、北川景子さんが試着している指輪のブランドを紹介!

価格帯や着用シーンも紹介しますので、ぜひ今後の指輪選びの候補の一つとしても検討してみてくださいね。

目次

リコカツ北川景子の指輪のブランドどこ?

北川景子さんがドラマ内で着用している指輪のブランドは以下のとおり。

リコカツ北川景子の指輪ブランド

・BOUCHERON(ブシュロン)

・FRED(フレッド)

この2種類の指輪を使い分けています!

具体的な種類は

・「BOUCHERONキャトルホワイトダイヤリング」

・「FREDクー ドゥ フードゥルウエディングリング」

でどちらもなかなの高級ブランドです。

【BOUCHERON】

【FRED】

BOUCHERON(ブシュロン)はどんなブランド?

山田優さん小栗旬さん夫妻が着用しているなど数多くの芸能人が着用していることで有名なパリの指輪ブランドです。

ブシュロンに関しては、「ブシュロンを付けている芸能人」をまとめた記事を参考にしてみてください。

FFRED(フレッド)はどんなブランド?

ジャニーズの玉森さんも着用しているブランドで、幸せ溢れるふたりの人生を象徴するウエディングリングとして有名。

フランス語で“ひとめ惚れ”を意味する「クードゥ フードゥル」がドラマで北川景子さんが着用したモデル、他にもゴールドやプラチナ、ダイヤモンドの素材本来の魅力を最大限に生かした「フレッド フォー ラブ」などがあります。

FRED フォース10LMリングイエローゴールド フレッド アクセサリー リング ゴールド【送料無料】

リコカツ北川景子の指輪の価格帯

実際に着用していた「BOUCHERONキャトルホワイトダイヤリング」は572,000円(税込)でブシュロンとして一番安いものでも10万円台後半ですね。

でも10万円台後半なら正直高いけど手が出ないほど高くはないですよね!北川景子さんと同じブランド指輪を付けれると思うとかなりお得感も感じます!

「FREDクー ドゥ フードゥルウエディングリング」は327,800円。

ゴールド・ピンクゴールドどちらを選んでも値段は変わらないようですね。

結婚指輪は毎日付けるので、このくらいの指輪が欲しいという女性はかなり多いようでTwitterでは「憧れる」という声が多数でした。

リコカツ北川景子の指輪着用シーン

参照元:リコカツ公式HP

ブシュロンとFREDの指輪が特に際立った場面は第4話のラストシーンでした。

写真を正面に見て左手にはブシュロンの指輪を2つ、右手にはFREDの指輪をつけています。

両手で合計100万円以上の指輪を付けているんですね!どうりで普段から気品のある衣装だと思ったら完全にセレブですね…

実際に着用した場面を見たい方や過去の放送を見逃した方は「」なら全話観ることができますよ!

しかも今なら、2週間完全無料で「リコカツ」以外にも人気の作品「ドラゴン桜」や「着飾る恋には理由があって」も観れますよ!

私も登録して2週間以内に解約したら本当に無料で利用が出来ました!

継続しても1か月1,017円(税込)なのでDVDを借りたり毎回録画をする手間を考えたら移動時間でスマホでも観れるのでかなり便利ですよ!

リコカツ北川景子の指輪を見たTwitterの反応

まとめ

ドラマ「リコカツ」で北川景子さんが着用している指輪のブランドについて価格帯や着用シーンと一緒に紹介しました。

結論は、指輪のブランドは「BOUCHERONキャトルホワイトダイヤリング」と「FREDクー ドゥ フードゥルウエディングリング」だとわかりました。

全部で100万円以上する高級リングで多くの芸能人も愛用しているブランドですね。

Twitterでは憧れるという声も多く、結婚指輪に憧れる女性が多い中特にこのブシュロンやFREDの指輪は特別なようですね。

以上、ドラマ「リコカツ」で北川景子さんが着用している指輪のブランドは?価格帯や着用シーンも紹介!でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる