肌トラブルの原因とは

皮膚トラブルになる原因は、体の外側と内側の2つからになります。外側からの原因は紫外線や気温、エアコンなどの乾燥した空気になります。ほかにも環境の汚染なども。内側からの原因は、栄養バランスによるもので、皮膚に不可欠なビタミン類の欠乏です。

睡眠不足やストレス、疲労の蓄積も肌によくないのです。体の中に入った有害なものを解毒する働きを持つ肝臓の具合が良くないと、肌荒れや吹き出物などさまざまな皮膚トラブルの原因となり、胃腸の働が悪くなると、栄養がうまく吸収されないので皮膚の健康にもさまざまな影響を及ぼすようになってしまうのです。

目次

にきびや吹き出物

脂質、糖質の過剰摂取、ビタミン不足、生理前や寝不足によるホルモンバランスの乱れにより過剰に分泌された皮脂が古い角質や汚れとともに毛穴が詰まってそこに細菌が感染し、炎症が起こり、にきびや吹き出物となるのです。

シミ・ソバカス・日焼け

シミ・ソバカスなどの元になっているメラニンは、肌の基底層にある色素細胞が紫外線などの刺激を受けて活性化することで作られます。

もともとメラニンは紫外線から体を守る働きをしています。紫外線を浴びすぎると過剰に作られてしまい、色素細胞が活発になると、紫外線を浴びてなくてもメラニンを作り続けるので、放っておくと、シミやソバカスが濃くなっていきます。

ソバカス

紫外線のほかには、ニキビ、吹き出物による刺激、またはメイクのとき肌をこすりすぎてしまう摩擦などで色素細胞が活性化してメラニンが過剰に作られることでできます。

日焼け

日焼けは強い紫外線で肌が赤くなり炎症を起こしてしまう状態です。肌が黒くなる場合は、メラニンが過剰に作られて黒い色素が沈着したことになります。

肌荒れやカサつき

空気の乾燥や睡眠、ストレス、便秘、ビタミン不足などが原因になり、角質層のキメが壊れてしまい、保水能力が低下して起こります。

シワ

角質層の保水能力が低下し、一時的なシワや紫外線の浴びすぎの老化などが原因で、肌のはりを保つコラーゲンが減ってしまったためにできる真皮性のしわがあります。

クマ

疲労や、睡眠不足などで、血液の循環が悪くなってしまいます。目の下の皮膚は表皮が薄く、毛細血管も透けて見えやすいので血行が悪くなるとクマができてしまうのです。

たるみ

水分がなくなり、肌のハリや弾力が失われて、皮膚と筋肉との結合がゆるむことでたるみになります。

むくみ

睡眠の前に水分を摂りすぎたり、塩分の多い食事をしたりすると、翌朝、水分が身体に残って目や顔がむくんでしまうことがあります。

花粉皮膚炎

花粉が皮膚に振れることで起こる肌の乾燥や赤み、かゆみなどを伴う皮膚炎を花粉皮膚炎と呼んでいます。花粉症の代表的な症状は鼻水になりますが、肌荒れもそうです。スギ花粉が飛散する時期は症状が出る人が多くなります。

花粉皮膚炎を防ぐためにはマスクやメガネ、サングラスをするようにしましょう。

肌トラブルを改善するために

肌トラブルを改善するためにはどんなことをすればよいのかまとめました。

肌に触れるものを清潔にしておくこと

直接肌に触れる寝具やタオルからは細菌が肌に侵入することがあるので、タオルは毎日交換し、枕カバー、シーツなどは週に1回は洗濯して布団も定期的に干すようにしましょう。また、メイクブラシやパフも毎日使用すると汚れるのできれいにしておくことが大事です。日焼け止めやファンデーションを洗い落とさないと肌荒れに繋がります。

洗顔後にタオルでごしごししてしまうと肌にダメージを与えてしまいます。十分に泡立てた洗顔料でやさしく洗うようにしてください。

スキンケア

洗顔をしたあとは肌がとても乾燥しやすくなっています。化粧水などで保湿をしておくことがポイントです。保湿におすすめの成分は、皮脂の過剰な分泌を防ぐビタミンB2やB6、高い保水力を持つヒアルロン酸やプラセンタなどがあります。プラセンタには水分を保持する役割を持つアミノ酸が多く含まれているので保湿効果が多いに期待できます。

紫外線ケア

肌のバリア機能を低下させて炎症を引き起こす原因になる紫外線。時期には関係なく1年中気にしなければなりません。日焼け止めを付けることを習慣にすることが大事です。

室内にいても窓を通して紫外線は入ってくるので家にいる場合でも付けておくのがよいのです。あるいは、紫外線カットの高価なカーテンを付けるという対策もよいでしょう。日焼けをして炎症が起きてしまった場合は、すぐに冷やして抗炎症成分の入った化粧水でケアしてください。

食生活を見直す

食生活を見直して、体を内側から整えておきましょう。肌荒れはターンオーバーの乱れや、肌のバリア機能の低下が原因になっています。正常な機能にするには質の良い睡眠をとり、栄養バランスを考えた食事に変えるようにすることです。栄養素はビタミン類、たんぱく質、鉄分を摂取することが大事です。

肌によい食品

・ビタミンB2

レバー、牛乳などに含まれます。皮脂の分泌を制御する効果が期待できます。

・ビタミンB6

赤身の魚や脂身の少ない肉など、ターンオーバーを正常に整えます。

・ビタミンC

ピーマン、ブロッコリー、柑橘類。抗酸化作用や、コラーゲンの生成に役立ちます。

・ビタミンE

アーモンドなど。抗酸化作用が期待できます。

・鉄分

レバー、ひじきなど。コラーゲンの生成に役立ちます。

・たんぱく質

肉類、魚類、大豆製品など。コラーゲンの生成に役立ちます。

適度に体を動かす

適度な運動をすることもターンオーバーを促進するのにはよいことです。汗をかくことで肌の水分が増して毛穴にたまった皮脂や老廃物を排出してくれたり、角質を柔らかくしてくれたりします。

ジョギングなどの有酸素運動は血のめぐりをよくし、栄養素を行き渡らせるのでおすすめです。はじめから激しい運動をするより、外出のときは歩いたり、階段を使ったりするようにします。無理のないようにして体を動かすようにしましょう。

スキンケアの選び方

シミ・ソバカス・くすみには

メラニン色素を生成させないように対策をすることが大事です。なるべく紫外線を避けて、日常的に見える穏やかな日差しにも油断禁物です。市販されている日焼け止めのタイプはUVBに対する防止効果をSPF値、UVAに対する効果をPA値で表しています。

シワやたるみには

保湿成分や、特に肌にはりや弾力などを与える成分が配合されているスキンケアアイテムを使うことがおすすめになります。セラミド、コラーゲン、プロテオグリカンなどが含まれたアイテムなら、皮膚にある成分を補う形でシワやたるみの対策ができます。

乾燥やカサつきには

肌のうるおいを保つことが重要になります。

お手入れは化粧水や美容液だけではなく、油分が多い乳液やクリームでうるおいにふたをしておきましょう。オールインワンで保湿できるタイプもあるので肌への刺激も減らせます。

ベタつきには

肌の状態を改善して、肌の水分と油分のバランスを整えます。洗顔料を使うときは肌に必要な皮脂とうるおいを保ったまま洗うことができて肌がつっぱりにくいものを選びます。洗顔のときは細かい泡を立ててやさしく洗います。洗顔後は保湿をするようにしてください。

毛穴

毛穴の皮脂や汚れをきれいに洗い流し、毛穴の詰まりを防ぐようにします。キメ細かな泡を立てて、泡をクッションにしてぬるま湯で洗います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

タツキと言います。

2021年4月からブログ始めました。

男性もスキンケアやボディケアが必要な時代です。
男性の美容や健康作りにおすすめの商品を紹介したブログを書いています。

気軽に見に来てもらえると嬉しいです。

コメント

コメントする

目次