ただ離婚してないだけ原作やばい?ラストシーンも紹介!

ただ離婚してないだけ 原作 ラストシーン

2021年7月にテレビ東京で放送されるドラマが「ただ離婚してないだけ」に決定しました!

しかも主演はキスマイの北山宏光さんで早くもジャニーズファンを中心に盛り上がりを見せています。

しかし、原作漫画を知る人からは

「本当にドラマ化するの?」

「原作は結構やばい内容だぞ?」

という公開を心配する声があがっているのも事実…。

テーマは「不倫&離婚」ですが、ただの不倫ではなく観ている人の裏をかくようなストーリー性が特徴である意味サスペンスドラマ。

内容もかなりハードでここではあまり言えないような内容の原作漫画です。

そこで、今回は、ドラマ「ただ離婚してないだけ」がやばいと言われる理由やラストシーンがどうなるのか紹介していきます!

目次

ただ離婚してないだけ原作やばい?

放送局のテレビ東京ドラマプロデューサーも「見るのが辛くなる」というほどハードで結構やばい内容です。

不倫・離婚というテーマは最近はドラマでもよく見かける構成ですが、それに加えて決定的な行動が衝撃を受けます。

その決定的な行動は、文章ではお伝えすることができないような内容なのでそこは察してください…。

これがもし、実際にあったとしたら怖くて仕方がないです…。

そう思うのは私だけではなく、Twitterで公開を楽しみにしているファンも同じような意見で少し安心しました!

ただ離婚してないだけ原作を見たTwitterの反応

「ただ離婚してないだけ」が怖い!という意見が多いですが、ジャニーズ北山くんが主人公を演じ、不倫・離婚を展開していく姿がどうなるのか気になる方も多いようです。

ある意味、怖いとわかっているけどついつい見てしまうホラー映画に感覚的には近いですね。

そのため、ドラマを観て衝撃を受けないためにも、「」なら原作漫画が1巻目無料で読めるので試しにどんな内容か確認してみてください。

私は無料だけ読むはずが結局内容が気になって全5巻全て読んでしまいました。

それでも2巻目以降は半額で読めるので書店で本を買うよりは圧倒的にお得ですので、もし続きも気になるようなら検討してみてくださいね!ちなみに」が最安値です。

ただ離婚してないだけ原作ラストシーン

原作漫画のラストシーンでは、違う選択肢を取っていたら?という2パターンのストーリーで締めくくられています。

原作ラストシーン内容

その①:主人公夫婦2人が警察に事情徴収され全てを話し結末を迎える…。

その②:誰も処分されなかったら4人はどうなっていたか回想シーンを送る

今回の最大の事件でもある「2人を処分する」ことによってそれぞれの人生が変わっていきましたが、原作ではもし、処分がなかったらという裏テーマのようなエピソードも展開されています。

そのため、ドラマではどうなるのか?ラストシーンのみを考察してみました。

ただ離婚してないだけドラマのラストシーン考察

ラストシーンは最終的に主人公夫婦2人のもとに警察が来て事情徴収され終わります。

ドラマでも最終的な終わり方は、同じように自宅に警察が来て終了…という流れが予想できます。

ただ、気になるのが4人の回想シーンはあるのか?ですよね!私の考察としては、そもそもヘビーなサスペンスドラマでその4人の回想内容も結構やばいです…。

そのため基本的にはカットされて終わるのでは?と予想していますが、テレビ東京で深夜枠の放送ですし、そもそも「ただ離婚してないだけ」をドラマにすることすら原作を知る方からは驚きの声がありましたので全シーン公開する可能性もゼロではありませんよね。

まとめ

2021年7月クールでテレビ東京深夜枠に放送されるドラマ「ただ離婚してないだけ」の原作はやばいのか?ラストシーンと一緒に紹介してきました。

結論は、原作はかなりヘビーな内容でドロドロを通り過ぎるくらい衝撃的な内容でやばいです!

ラストシーンでは主人公夫婦の自宅に警察が訪れる場面で終了していますが、「もしOOだったら」とい仮説のストーリーも展開されておりどこまで公開されるかは不明です。

ただし、テレビ東京深夜枠ということである程度期待をしてもいいのかもしれません。

気になる方やまだ内容を知らない方はドラマよりも先に原作漫画を読んでおくことをおすすめします!そうでないとヘビー過ぎる内容でビックリしてしまいますからね…。

「ebookjapan」なら全5巻のうち1巻が無料で読めるので気になる方はチェックしてみてくださいね!

>>無料で「ただ離婚してないだけ」1巻目を読む

以上、ドラマ「ただ離婚してないだけ」の原作はやばい?ラストシーンも紹介!でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる